離婚・相続・不動産・交通事故・債務整理のご相談。神奈川県弁護士会所属 女性弁護士のあおば横浜法律事務所(横浜都筑区 センター南)

女性弁護士にあおば横浜法律事務所
HOME事務所案内弁護士紹介取扱内容法律相談弁護士費用お役立ちメモアクセス

相続・遺言・遺留分

このような方のご相談をお受けしています

  • 遺言書を作成しておきたい
  • 遺言書があったが、自分には全く相続分がなかったので、他の相続人に遺留分減殺請求をしたい
  • 親族と遺産分割協議がまとまらない
  • 亡くなった方の財産形成に貢献したので、寄与分を主張したい
  • 他の相続人は、生前贈与を受けているので、特別受益を主張したい

相続・遺言・遺産分割・遺留分・遺産分割調停・審判のご相談

相続とは、亡くなられた方の財産や負債等の権利義務関係が、亡くなられた方と一定の親族関係にある方に承継されることを言います。人が亡くなると同時に相続が開始され、相続人の意思とは無関係に亡くなられた方の資産、時には負債を引き継ぐことになります。
相続は突然やってきます。

そして、亡くなられた方を失った悲しみが癒えないうちに、通夜・葬儀といったことだけでなく、銀行預金をおろしたり、必要な書類を整えたり、役所等に必要な届出をしたりと様々なことをしていかなければなりません。
亡くなられた方の相続財産をどうやって分けるかを巡って、相続人間で深刻な対立が生じることも珍しくありません。「相続」ならぬ「争族」になりかねないのです。

遺言により、自己の遺留分を侵害されている場合には遺留分減殺請求ができますし、亡くなられた方の財産形成に貢献した場合には遺産分割協議の中で寄与分の主張ができます。 他の相続人が生前贈与を受けている場合には特別受益を主張できます。亡くなられた方の負債が大きい場合には、相続放棄をしなければ、多額の債務を負担することにもなりかねません。

相続の問題について慣れているという方はいらっしゃらないと思います。
当事務所では、これまでの経験と司法書士、税理士等とのネットワークを生かして、相続問題をトータルでお手伝いしております。少しでも上手に「相続」するために、ご利用いただければ幸いです。